まずは様子見

いきなり最良の方法を求めてもムリなので

20min軽く回す 130W以上150W未満くらい
10min 最大負荷のギア比 @45rpm程度 250 – 340W
3minレスト
10min 最大負荷のギア比 @45rpm程度 250 – 340W
残り、合計が1hourになるように調整しながらダウン。

50rpmを下回るとパワーが上手く伝達されていかない。
(パワーの脈流振幅が大きい)
瞬間的に大パワーは必要なものの、ほとんど脚を休めているような
状態が多かったり。これでは、パワー的には練習にはならないことが
判明。50rpmくらいが維持できる負荷の下限かな。

よーするに、人でも適切なエンジンの回転数があるってことだね。
これを外れると必ずどっかに必要以上の負担が掛かる。
(遅過ぎの場合は膝周り、速過ぎの場合は心肺、とか)

どうやら、自分の場合は、
トルク重視なら、65-80rpm辺りが適切
スピード・加速重視なら、85-105rpm辺りが適切
な感じかな。
トルクの上限近くのケイデンスを維持できないのは、練習不足か、
苦しくなるとすぐやめたくなるヘタレ具合が原因。
登り速い人は、皆耐えてるネ。尊敬しちゃう。
もちっと詳しく解析するにはQuadrant Analysisが必要。
これは、パワー出力とパワー出力のケイデンス効率
(だったか、なんかそんな感じのやつ)の相関分布図を、
狙いのパワー出力値の境界でバッサリ4分割して
適切なケイデンスを模索したりする解析方法
(一応出力出来るスクリプトは有り)。
パワトレ本に載ってます。

何か、学生の頃、こういう散布図の解析とか、やったなぁ
(対象は全く違うものですが)。
同じことやっとる・ ・ ・

KnKn について

Amateur road racer in Japan Everyday easy life : )
カテゴリー: ロード練習日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中