仕様が

無いんです。一切。

独りでやってたもんだから、こういうことになる。
今更どうこう言っても仕方ないけど。
こんな時限式地雷を多数残したまま、のうのうと他の会社で
仕事をしてるってんだから、世の中不公平だと言いたくもなる、
ような気がしないでもないが、後ろ向きなことを言ってもコレッぽっち
も問題の解決にならないので、何となくここでブチまけておくだけにする。

問題の通信処理は、とりあえず通信出来ればOKみたいなスタンス
になっていて、これでお客からお金をもらう製品とはとてもいえn(ry
今時、学生でももう少しましな設計しますわな。
というか、仮に学生の情報実験とかの課題だとしたら、
確実に落第点(D)ものの設計で、通信不成立の場合、
デバイスからNACKを返すのはいいとして、NACK応答になった場合、
どうするのかの仕様なんてのも当然無い。
だから、このときの処理もちゃんと出来てないし、チェックもしてない
もんだから、
通信失敗する = HOST側で落ちる = 青い悪魔の出現
という悪魔の方程式が成立する。

ここ2年くらいでブルースクリーンの発生遭遇率が異様に高く
なってしまったなぁ(しみじみ)

KnKn について

Amateur road racer in Japan Everyday easy life : )
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中