数値化

できるものとそうでないものがある。

実効出力から、どのくらいの強度で練習したか?
というのは数値化可能だけど、注意しなくてはならないのは、
これはあくまでもテストで得た実効出力比ということ。
テスト自体がちゃんと出来ていないと、まるであてにならない。

素体のテストが十分な精度で行われれば、練習強度の時系列的な
遷移から、練習強度からみた体調管理まではスコア化できる。
但し、ここに生理的要素が絡んでくると無理。
栄養・睡眠・精神的ストレス等、こういったものは定量的に捌けません。
にも関わらず、これらは調子を上げるためにかなり大きな比重を
占めていたりする。

見えない・不確定なものを減らして、自己把握し易くするための手段
ってだけです、パワーメータもそこから派生する色々な数値も。
表示される数値に一喜一憂するだけでは、バカ高いおもちゃどころか
余計な機材が増えて、邪魔ですらある。

要するに、実験室系飽きてきたってことなんだけど。
練習場所と時間が限られている以上はどうしようもない。

KnKn について

Amateur road racer in Japan Everyday easy life : )
カテゴリー: ロード練習日記, PowerTraining パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中