すごぅ

雨が降る前に5周回

早朝、オリンピックのボクシングを見つつ、その後の表彰式とか
見て、まったりしてたら、結構ギリギリの時間になった。
昨日結構乗ってるので、余裕を持って出るつもりだったのに。
何故か微妙に北環状が混んでて、下りでいつもほど飛ばせない。
坪沼に抜ける5minくらいの意外ときつい峠っぽいところは、
定番のアウターダンシングで乗り切って、なんとか43minで
菅生のヤマザキに到着。AM8:30の5min前。
ちょっとだけ補給。

程なくして、監督・ミノルさんが合流。
続いて、チョウサクさん。
最後にAO山君。計5人。集まりが悪いのは最近の定番なのかしら?

サックリ周回に入る。ここはアウター縛りが基本。
1周目。入りの登り部分はダンシング使用。昨日の周回の影響
もあり、やや腰が辛い。が、リズムを崩さなければそれほどきつくない。
それより、シッティングでパワーをひねり出さなくてはならない
アップダウン部分がきつい。が、1周目だし、切れるわけにはいかない。
何とか堪えつつ、下の微妙な登りと最後の3min登りの計5minを
Ave320Wくらいで基本前。最後にAO山君に離された。
もうちょっと追い込めるか。

ノーレストで2周目。展開はほぼ1周目と同じだが、
ミノルさんと2人旅。
後ろについたときに、ミノルさんのチェーンが規則的に上下に揺れる
ので、もしかして楕円リング?と思って後で聞いたら、やはりそうでした。
下の平地登りを320 – 350Wくらいを目安に走る。
ここまできたら、菅生坂でかわされる訳にはいかないので、
緩斜面で普段はあまり使わないダンシングでパワーとスピードを
捻り出す。

ノーレスト3周目。アップダウン前半まではミノルさんと2人だったが、
途中で監督が追い着いてきた。この辺りのペース配分は流石。
で、アップダウン終盤の登りで遅れてそのまま2人を見送り。
ただ、下の平地であまりペースを上げずに待っているようなそぶりで
走っていたため、300Wちょいの強度を維持していたら、何とか差が
詰まってきた。ここでAO山君が追い着いてきて、先頭交代で楽に
追い着けるかと思ったが、彼が前に出たとたんにペースが落ちたので、
そのまま直ぐにまた前に出て強度維持したら、彼のほうが切れた。
菅生坂に遅れつつ3番手で入ったが、下からダンシングを多用して
無理やり強度を350Wくらいにしたら、何とか中盤の緩斜面で
ミノルさんを捕らえて、続いて先行する監督も捕らえた。
そのままタレないようにして、一気にピーク地点まで。

ノーレスト4周目。ここで、黄金のタレ発動。
入りの登りで踏めない。インナーは使いたくないので、何とか耐える
感じだが、先行したミノルさん、監督との差は開く一方だ。
登りきったところで、完全に売り切れた。
惰性でアップダウンをこなしつつ、下の平地までの繋ぎの登りでは、
女性中心のサイクリスト集団がいたため、タレると格好がつかない
と思い、400W強のダンシングで、楽そうなフリで挨拶しながら
駆け上がる。当然、完全に電池が切れた。
下の平地は320Wくらいで入るも、途中からは200Wくらいしか出ず、
これじゃ前との差は詰まらない。菅生坂も踏めず。

ノーレスト5周目。とりあえず、5周こなすことに意義があると自分に
言い聞かせ、ヘロヘロスカスカの脚を酷使。
体感300Wと思う数値も実は250Wくらいしか出てなかったけど。
全然駄目だ。
最後の菅生坂の中腹で、荷物を背負ったローディーにパスされ、
一時、そのまま見送るが、彼が激タレしたので、ここぞとばかりに
ダンシングで猛追。ちなみに、彼のダンシングは全然駄目な
ダンシングでした。腕を見れば進まないダンシングというのが分かる。
両肘がハンドルよりも外側に逃げてしまっている。
まぁ荷物背負ってるってのもあるのかもしれないけど。
シッティングでそこそこ登れているだけに残念な感じだ。

何とか5周終えて、そのまま途中離脱したAO山君の待つ、
菅生ヤマザキへ。
お昼にはちょっと早いので、コーラ500ml缶と、皆アイスを買っている
のにつられてガリ2君を買った。
補給は事前に用意したミニ羊羹を1個(170kcal程度)。

戻りは程々に走って、練習後の難所、小野Dテロ予告の
馬越石トンネル経由にて、48・北環状合流地点まで。
ここから250-260Wくらいで40km/h程度を維持して最後の我慢。
渋滞基点にならないようにとの配慮です。
大崎八幡でチョウサクさんと別れて、うなり坂、はちょっと無理なので、
そのまま福祉大経由で貝ヶ森、ジャスコ脇道路を使ってウジエスーパー
横に出る、定番ルートで帰宅。
走行距離110km。
推定TSS 250か、もうちょっと上か。

今日は3本目までしかもたなかったなー。
1,2本目をもうちょい抑えて5minで280Wくらいにすれば
5本いけたかもしれないけど、それだとインターバルの練習効果は薄い。
どっちかというと、抑えてもたせるのは得意なほうなので、
出し切るほうに重点をおけた(5minで320-350W)ということで、
とりえあえずは収穫。クル練とはまた別の感じで脚が千切れるかと
思った。

Dヶ森の次の日なのに、ミノルさんが強かった。
(昨日も強かったけど)
登りでの出力が安定して高めに出ている。
こういうのって、普段の練習を地道に、真面目にやってないと
表れてこない。地脚が鍛えられてFTPが上がっているってことだ。
これがインサイドローラー効果か・・・

KnKn について

Amateur road racer in Japan Everyday easy life : )
カテゴリー: ロード練習日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中