ということで

自分でも混乱してきたので、備忘録

ざっくりと、組合せだとこういう感じかな。

下降相場で、指定した値段を下回ったときに
 買いたい(将来に期待):指値で買い
 売りたい(損切り):逆指値で売り

上昇相場で、指定した値段を上回ったときに
 買いたい(並に乗る):逆指値で買い
 売りたい(利益確定):指値で売り

なので、実は迷うことは無くて、僕の投資スタンスでは、
基本、指値で買い・売りで良いのでした。

但し、指値で売りだと、十分な利益が回収出来る前に、
指定した値段で売ってしまう恐れもあるので、
この辺りはよく考えないとっ。
一番有りそうなのは、イケイケドンドンで上げ続けてからの急落が
怖いなってときに、デッドラインとして設定しておく感じだろうね。
利益が十分出てから、山が出来て谷になり初めに売っちゃう、
ってことね。

広告
カテゴリー: 資産運用 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中