業績は

明るいわけではないよ。

電機関連は、為替が円安に振れて、見た目の赤字額が減っただけの
ところが多いはず。
結局、巨額赤字には変わらなかったり。

よく、企業業績が悪いと、職級に応じて給料何%カットとかって
あるけど、これって、ポンジースキームと考え方は同じだよね
(ポンジースキームとネズミ講は微妙に違うが、共通点は、
構造の上の人が有利って点は同じ)。

下から集めた額を、上に分配するのでなく、余計(?)に出ていく分の
引き締めにする訳だ。
職級が上がるほど、人数は減るので、カット額は大きくなる。
いや、だからさあ、何が言いたいかって言うと、
上にいる人はごくわずかで、収入は莫大なわけなんだから、
役員報酬とか、下からすればよく分からんような値から、
ごっそり引いてくれれば、末端従業員給与から何%カットとかしなくても、
十分引き締め効果があるってことでそ?
ま、上になって収入が増えれば、それに見合って支出も大きくなる
から、あまり引かれると~って考え方も分からんでも無いんだけど。

もう少し突き詰めて考えると、従業員から数%カットしつつ、
役員報酬50%以上カット、みたいなことをしている場合、
相当財政的に苦しいってことが分かる訳やね。
それでも、これは真面目に引き締めしようって姿勢なだけマシ。
こういうところは、何とか生き残るでしょ。
駄目なところは、末端従業員だけカット、役員報酬カットは無し、
或いは、あったとしても数%とかってところ。
後者は、みんな一律で引いて、同じ苦しみを分かち合ってる~
みたいな演出に過ぎない。

さてと、これを個人の生活に当てはめて考える。
支出を無理の無いギリギリまで細めれば、自ずと資本は増えるのだ。
投資の第一歩は、銘柄選択とか、チャートの読み方を勉強する
のではなく、自分の収入と支出の把握から。
家計簿つける必要はありません。
有効数字2桁くらいで、月収と生活費、浪費をザックリ把握すれば
良いだけ。紙に書くのが良い。
僕の場合、生活費は月10万かかります。うち、家賃が60%以上を
占める。デカいが仕方ない・・・通勤電車だけは耐えられない。
といっても、浪費を抑えるとモリモリ増えるはずだ。
あれ、あまり増えてなーいw

広告
カテゴリー: 資産運用 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中