そりゃだめだ

間に入っている会社の担当が・・・

あまりに無能。
一昔前の芸人のギャグのごとく、あらゆるものが右から左。

こちらから出したものは、あくまで現象の解析報告書であって、
彼らのところからは、それを受けて、最終的な報告書を
まとめなくてはならないのに、うちから出した解析報告書を
そのままベタ張りで出したりする。

根本原因がうちならそれでもまだ良い(こちらの出す報告書が
解析報告書と対応報告書になるため)のだが、
今回は、彼らのところで対応報告書を作成して、最終顧客の品証に
説明しなくてはならないストーリーだと、事前に最終顧客の設計窓口
と打ち合わせしたのに。
(当然、なぜ、今回の事象が発生したか?流出してしまったお詫び、
含む)

それなのに、我々の解析報告書(約30頁)をそのまま最終報告書
です、なんつって提出したら、そら、誰だってわざと怒らせようとしてる
と考えるだろう。(こんな長い資料で説明出来る訳が無い)

あー、お盆明けの説明に動向しなくちゃならんのだが、
正直、今から憂鬱。

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中