ふと思った

もう掘りつくされたネタだとは思うけど、

昔、shimanoが出したbiopaceという非真円リングは、
最近のものとは、位相がπずれている設計発想で、
ペダリング効率、という点から1minくらい考えれば、
致命的に設計が間違っていることが分かる。
なんで製品化しちゃったんだろうね?
消費者なめてんのか、と、騒ぎにならなかったのかなぁ。
何故か、wikipediaに記事がありました。

なんでもそうだけど、知識・教養が低いと、供給者側の詭弁に
まんまと騙されることが多々あるので、最低限の知識は身に付けて
おきたいものだね。

最近は、こういうのをリテラシーって和製英語をあてて使っている
みたい(ファイナンシャル・リテラシーとか)だけれど、これ、
本来のliteracyの語義とは微妙に違うので、注意が必要です。
ま、語源で単語を理解している人は、literがラテン語littera
(だったかね)由来で、文字、読み書きに関する語句を表すと
知っているはずなんで、間違えるとは思えないけど。
(letter, literture, literate, illiterate, literal, etc…)

本来の語義から歪曲して使われている和製英語って、
痩せ型体型に使っていたスマートみたいに、
結構存在しているからなぁ、迂闊に使えないわ。
(最近は、スマホのおかげで、スマートは本来の語義に近くなった模様)

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中