まんさくの花 亀の尾仕込み

これ、限定らしい。

限定と言うフレーズに弱いのが人情ってもんだが、
レギュラーで手に入らないのが嫌だ、と思える、
そういう人間に、僕もなりましたw

確か、ここの蔵の酒は、真人の純米を飲んだことがあって、
僕の記憶が確かなら、重過ぎず、軽過ぎず、必要以上に
風味の主張をしない、ような感じの酒だったと思う。

今回のは、45℃くらいで頂くと、スッキリ酸味、って感じですな。
同じ亀の尾を使った(だったはず)仙禽に近い。
上立ち香、含み香ともに、バラ科の果物(りんご、なし)の香りが
あるので、あまり温度を上げると、これがアルコールの揮発臭で
消されるので、やはり45℃が限界。

まぁ、何でも温めるんだけどさ、僕の場合w

広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中