方向性の違う2つ

達磨正宗 古酒ブレンド(巳年)
亀泉 純米大吟醸

直近で飲んだので最もインパクトのあったのが、この2つ。
達磨正宗は古酒のまろやかさと風味の広がりがなんともいえない。
また飲みたいが、近くで扱っている酒屋が無い・・・
仙台だと鹿野のカネタケか東仙台のかわしまで扱ってるらしい。
うーん、買いに行ってしまいそうで怖いw
味も香りもヘタら無いので、50℃までならどこでも大丈夫。

亀泉は、甘酸系。高知の酒は総じてこのタイプが多い。
りんごのフジのような味わいに、梨のような香り。
どうして酒がこのようになるのか、不思議でたまらん。
40℃くらいで。

連休中も酒しか飲んでませんな・・・いかんいかん。

広告
カテゴリー: パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中