んなこたーない

アプリケーション不具合?の話。

得意先: Linux環境で、3画面独立表示設定をしたい。
こちらから提供したアプリケーションは、1画面全画面表示を
想定したものだったので、上手く動作しない、と問題勃発。

弊社: 得意先のxorg.confを入手したら、3画面独立ではなく、
Windowsでいうところの拡張デスクトップ設定
(複数のモニターを連結して仮想的に大きな一画面を作る)に
なっているため、そこをやめるように指示

得意先: まだ駄目という。

得意先: フォントの指定が違ってると言われる。

弊社: 3画面表示のためのビデオカードとスクリーン設定の
紐付けが間違っていると指摘。
この後に、指定のフォントを使用するように変更したアプリを送付。

得意先: フォント指定を正しくしたら正常動作した、との報告。

ということで、これは少しでもパソコンがわかる人が聞いたら変な話で、
まず、フォントが違っててもアプリの表示が文字化けするだけで、
画面設定は変わらないはず。
画面表示サイズの問題なんだから、どう考えても、ビデオカードと
スクリーン設定の間違いが原因で、問題はうちのせいじゃない。
なのに、フォントの設定が間違っていたことで解決させられた。

世の中、理不尽なことばっかですな。

ほんで、追求したら、間に入っている会社から、
得意先の画面設定が間違っていたのが根本原因です、
ときたもんだ。
隠すな、ってか嘘つくなよ^^;

iPS、南ア手話、信玄公末裔、作曲、
どうしてこう、嘘つくのかね・・・

広告
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中