にいさ

うーーーん

確定申告関連で調べてて気づいたけど、
NISA、利益が出た時に確定しても税金がかからないところは良いけど、
通算損失だとか、損失繰り越しで税金を払わない、という方法が
使えない。
この辺りの税金に対する考え方は、企業会計にも通じるので、
勉強しておくと、将来、管理職、経営者側に回る時に役立つね。
てか、NISA発表のときに、メディアは利益に税金かからない、
年間100万円までの購入枠増加、あたりは取り上げてたけど、
損失確定、繰り越しが出来ないことはやってなかった希ガス。
あいかわらず、いい加減だな。良い面だけを強調しようとする。

ということで、利益が出たから確定申告で納税するだけでなく、
大損ぶっこいた時にも確定申告で損失を確定しておくと、
その分の損失を翌年以降繰り越して計上することで、
以降、利益が出た場合に相殺できることは、基本的な考え方として、
個人、法人とも同じなので、覚えておくと便利ですな。
もちろん、特定口座の場合、利益が出た時点で有無を言わさず
源泉徴収で取られちゃうので、損失確定している場合は、
翌年以降も確定申告して還付してもらうんですよ?
ちゃんと税制を理解していないと、余分に税金搾取されます。
ご注意を。

要は、儲けが出た時は得、損が出た時は大損(NISA口座で損
した場合に、他の特定だとか一般口座の利益を相殺しての節税が
出来ない)ということか。

結局、リバランスで利益が出ているときに売ってしまうしかないのか?
購入額の年100万円縛りが痛い^^;

広告
カテゴリー: 資産運用, 未分類 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中