週末とか

ま、色々(今週は練習週w)。

主に、3min インターバル系を試みるも、前週までに毎日ベースでやってたツケが
今頃回ってきたのか何なのか、強烈な疲労感と肩凝りに襲われました^^;
週の後半に回復してきたので、ここでも懲りずに3min インターバル系を試みるも、
どうにも強度を維持しようとするとプッツン切れてしまう。
ま、慣れれば何とかなるだろうと、基本的に、朝・夜の二部構成で無理やり実施。

日曜日はAO木プロから同伴予定を組み込まれ。
骨折後、3回目の外走り、かな。
そろそろ違和感なく乗れるので、医者的には解禁されてませんが、
全面的に外解禁しようかと思います。
道中でアクタマ山口さんと、CUBE居鶴さん、五十嵐さんを拾って、道志みち。
寒いので山伏峠の向こう側には下らない予定なので、あまりに遅れたら道の駅で待機と。
ちなみに、僕だけ半袖短パンですwww
おきなわが終わるまでは、外を走るときは、基本、このスタイルは崩しません。

で、最初のほうは回しながらそこそこのペースだったものの、フレームとメカ構成も
あって、アウター・インナーのギアチェンジを微妙に戸惑ってたら、
そのまま千切れました^^;
2番手に千切れたので、タレると後ろから追いつかれるし、前に追い着く勢いで
踏み直し。そしたら、両国屋の先の上り返しのところでチェーン落ち^^;
昔のフレームだとすぐに直せるのですが、FOCUSのIzalcoとか、主にBB30対応の
BB周りが必要以上にボリュームがあるフレームって、インナーギアと
フレーム間のクリアランスが全然無いもんだから、一度チェーンを落としてBBカップの
上にチェーンが乗り上げると、チェーンが噛みこんでしまって簡単には戻りません。
結局、追い着いた山口さんに手伝ってもらって、
チェーンリングを緩めてチェーンを噛み込んだ状態から無理やり外す。
フレーム保護用のプロテクターが一部、割れて飛んでいきましたw
あと塗装も削れましたw
大体、チェーン落ちってのは、気をつければ限りなく無い事象ですが、
チェーンが暴れてたりすると気をつけてても起こるわけで、起きてしまった時の
フェールセーフっての?そういう設計思想は残しておくべきですな。
(Java的には、チェーンキャッチャーはチェーン落ちの前段階の
try catchみたいな感じなのか?よく分からんけどw)
ということで(?)、自転車はやはりトータルバランスですね。
実感として、道志みちを走ってて1hour 20min台で走ってるのは、
必ずリドレーのダモクレス(ホイールはクソ重たい回らない
PowerTap)。
Izalco(Pro)は確かに軽いし、しっかりしたフレームですが、
如何せん、硬いのと上記の問題が^^;
体重65kg以上で、瞬間的に1500W以上出せる方に薦めますw

10min近くロスしたので、山伏突入は無理とあきらめて、道の駅までで出し切れるように
目標を変える。急に止まっての踏み直しなので異様に辛い。特に上り勾配が^^;
事故の後なので、インナーに落とすの躊躇われるしw
でまあ、何とか耐え切って道の駅で先行組を待ちましたとさ。

今回はいつもと違って戻りもそれなりに踏むので、休めません。
下りは攻められませんので、相変わらず程ほどに。
青根あたりの上りで遅れたりしながら、それなりな感じで走って帰還。
175km。人が多かったので、補給は1口羊羹2個。水1.5l。

さて、第二次安部内閣の第二次人事ですが、人選は良かったものの、
身辺調査が良くなかったようで^^;
というか、これも総理大臣がやる訳ではなくて、人選に対しての
身辺調査そのものは、その他役人の仕事でしょ?
週刊誌にすっぱ抜かれる程度の情報を、きちんと把握できて
無かったって、随分お粗末な仕事ですな^^;
だからといって、○主党に政権を委ねる気はありませんけどw
まず、地方に分権した上で、その政党の支持が強い地域で
モデル運営?みたいにやって、こういう運営で上手く出来たんだから、
それを国政レベルで実施させてくれ!というなら、まだ話は
分かりますけど。

そして週刊誌がネタに出来るのに、一般の新聞は拾えなかったって、
取材力の低下というかなんと言うか^^;
やはり新聞の価値そのものが問われる時代が来ているような
気がしてなりません。

そもそも、発足以来、一人としてスキャンダル無し、辞任無しの
完全無欠の内閣を何故改造したのかというと、一番の理由は、

・大臣の待機議員が多くて党内で不満が爆発しそうだから

という説が有力だそうです^^;
いや、待機って^^;
安定運用出来てるんなら下手にイジらなくて良いだろって思います。
下手に手を入れると失敗して、よっぽど酷いリスクを負うことに
なる可能性もあるだろうに・・・今回のように。
それに、資質があるから大臣やるのでは?
そうでなければ、御輿は軽いほうが良いって言われても
なんとも思わない人たちなんでしょうね^^
どうもそれっぽい人ばかりが待機しているようなので、
次に充てる人は、実務はさておき、プレゼンするべきところと
そうでないところはわきまえた上で、答弁書はちゃんと目を通して
脱線せずに発言することが出来る人を選ぶべきだと思いました。

広告
カテゴリー: ロード練習日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中