久しぶりの

三浦半島

同伴:AO木プロ、(5代目J soul brothers)小野D

朝の新横浜冷気がハンパない。
3人とも、「顔が痛い!」と口走る安定の寒さw
いつもここだけは、未明の大垂水下り並みの寒さです(本当)。

馬堀海岸線辺りで5倍くらいの強度で走り続け、
車の少ない区間でローテ的に進む。
休憩はいつものミニスト(浦賀)。
ここ、納豆巻きが無いのが残念だw

剣崎区間は、前半の向かい風で脚を削られたAO木プロは
最初の丘で遅れるものの、前回すぐに消えた小野Dはきっちり
付いて来る。
上でAO木プロと合流して、2度目の丘。
と、ここではAO木プロが下から早掛けで引き離しに掛かる。
脚質が違うので途中まではくらいついて頂上の平坦で
帳尻を合わせるはずが、上手く加速に乗らん^^;
後ろから来た小野Dを見送って、一定距離を保ったまま
先行二人に追い着かない苦しい展開で三崎までw
1-2minの出力領域と、そこからのリピータビリティが足りませんな。
クリテに必要な練習なんで、現状で欠けてるのは当然ですけど。

湘南国際村登りで、34×32というギア比を使う小野Dに翻弄
(あまりに軽過ぎるので途中で止めた模様)されつつ、
8割くらいで行って、残りはほぼ流しで帰還。
反対側からのアクセスとはいえ、いつも曲がっている腰越橋を
無視する辺り、小野Dのやる気と、道を覚える気が無い意思を
感じとりましたw

広告
カテゴリー: ロード練習日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中