音に悩まされた

週末。

といっても、騒音ではなく、自転車からのいわゆる周期的な
「カチカチ」音。

2週間前くらいから、少し耳障りになっていた。
シッティングでは鳴らず、ダンシングで一定以上右側へ
振ると、右を踏み込んだ時にだけ発生。
すぐに治りそうもないし、そもそもダンシングはほとんど
しないので、無視して出発@ 土曜日AM5:00。

ソロだけど、いつもの集合場所(ニコタマ向かい側の多摩沿線沿いローソン)
をAM5:30通過目標で。
いまいちペースが上がらないこともあって、5min程遅れて通過^^;
うーん、キビシー。

多摩サイは、二子玉川の花火大会の場所取りで、
早朝から人が多くて走り辛い。
こりゃ、戻りは完全回避確定ダナ。
前日に遅くまで飲んでた(といっても、PM22:00くらいまでだけど)
影響からか、気持ち悪いくらいの汗が噴き出してくる。
脱水にならないか心配するレベルで^^;
といっても、尾根幹往復で80kmしか走らないし、
大丈夫かw

連光寺坂で、少し真面目に体重5倍目標で踏んで(結局、3min @300W)、
尾根幹へ突入。
一人だと上げ辛いのに、こういうときに限って信号の繋がりが
中々に良く、大妻女子大の下からはノンストップ。
すなわち、最後が非常にきつい^^;
おかげで、一人にしては珍しく、この区間で心拍も181bpmまで上がる。
速度はイマイチだけど。
トンネル抜けて、すぐにUターンして、そこそこ踏みで復路。
多摩サイは予定通り避けて、多摩沿線へ。
それなりに快適に進んで(除く二子玉手前)帰還。
ギリAve 30km/h

日曜。
ここのところのお約束の、夜から早朝まで雨^^;
路面ウェットなので、汚れるのを嫌ってしばらく待つ。
どうせなら音鳴り対策もやっておこうかと、自転車メンテ。
音鳴りはヘッド周りが原因かも、と思い、グリスアップ。
久しぶりにハンドルとステム外してみたら、
ハンドルがステムの固定部分と勘合するように変形してた^^;
結構な力で引きますからな、スプリントの練習する時とか。
これを見ると、カーボンハンドルとか使う気になりませんがな。
正直、これが原因のような気もするけど、それならそれで、
前傾気味のシッティングでハンドルに体重を掛けて
ハンドルを振れば音がしてもおかしくないはずだけど、鳴らない・・・
色々、やってるうちに、結局、お昼ちょっと前になってしまった。
軽く自転車の音鳴りの様子見で1hour程走る。
症状は変わらず。ま、予想はしてたけど。
何となくヘッド周りとかそういうのとは違うんだよねぇ。
で、戻ってきてから、違うと思いつつも、念のため、
今度はクランク周りをグリスアップして、再出発。
同じく様子見で1hour程。
予想通り、やはり変わらず^^;

色々試しながら観察して、ワイヤー類がフレームに当たる時の
音に近いらしいことまでは分かった。
となると、ありそうなのは、インナーワイヤーの張りも考慮すると、
リアブレーキにいくルートか。
候補は、
・アウターワイヤーとフレームのワイヤー受けの干渉
・インナーワイヤーとフレーム(音はこれが一番近い)
他は、テープ貼ったりして対策してるから無さそう。
うーむ・・・
何かが当たってる系なら、法医学教室の事件ファイルっぽく、
怪しい箇所に塗料等を付けて実走すれば原因わかるかな?

広告
カテゴリー: ロード練習日記, PowerTraining パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中