既にオフ

な感じになってますが^^;

週末は展示会のアテンド業務の影響で、
腰が痛い & 木曜からの胃腸炎発症で自転車回避。
立ちっ放しは身体に悪いネ。

木曜夜から日曜までほぼ3日絶食(塩水は取得)して、
日曜の夜頃に腸の蠕動運動が開始して
月曜に何とか復帰。
反動で、いきなりアクセル全開で昼飲み & 大井町ブルドッグw

朝が寒暗くなってくると、モチベーション保つものがないと
いかんですな。

 

ぇー、ようやくどこかの党の政策?ぽいものが出ましたが、
まあ、酷いね^^;
都政(都会)の政策をそのまま国政にコピペですかそうですか。
満員電車ゼロなんて、ほとんどの地域では関係ないぞw
一番ひどいのは、企業の内部留保に課税。
共産党も似たようなことを昔から言ってるけど、本気で言ってるんですかね?
いわゆる内部留保に相当するものって、話を聞いていると純資産(自己資本)に
相当している模様。
純資産(自己資本)と負債を合わせたものが資産であって、
つまり、これが設備投資とかに回す資金。
通例、純資産には株の配当とかも含まれるけど、
事業規模を拡大するための資金調達のために、わざと配当は出さないことが多い。
それで良いのか、という意見もありそうですが、
事業規模拡大、売り上げ増、儲かる、株価上がる、株主の資産価値上がる、
となることが見込めれば、株主総会でも文句は出ないでしょう。
(配当出なくても、買った時より高値になった株を売却できれば利益出るわけだし)
純資産(内部留保)が多い(自己資本比率が高い)企業であれば、
銀行からも資金援助得やすい(借金が少ないなら返すあてがある、と考えるのと一緒)。
結果、資産が増えて事業拡張・設備投資等が行い易くなる。
なお、自己資本比率が低い = 借金を借金で返さざる得ない、という
状況に陥りやすく、これはいわゆる自転車操業なので
銀行は融資してくれません。というか、僕だってそういう人に金は貸したくない^^;
なので、内部留保といわれる純資産に課税したら、結果として資産規模が縮小する訳で、
企業の成長が鈍化するだろ^^;
純資産のうちの保有現金、あるいはそれに相当する不動産等の資産からは
徴税するってんならまだわかるけど。
(同じような例で、日銀は銀行に対して現在この方針なので、
銀行は資金を貸さないと目減りする仕組み -> 積極的に投資して回収しろということ)
よく言われる、某大手自動車メーカーも、膨大な内部留保相当を持ってるけど、
そのほとんどは設備投資用。
ちなみに、大企業で現金保有率が高いところはマレです。
なぜなら、現金、あるいは、現金に還元しやすい資産を保有している
企業は、買収の格好の餌食だから。
まあ、結局のところ内部留保を何を指して言っているのかで、
大分受け取り方が違ってくるけど。
少なくとも、私には純資産に応じて課税、のように聞こえてます^^;
(出してる数字が純資産額だから)

何か聞こえは良い感じがするようなことには騙されたくないものですな。
なお、花粉症ゼロが実現できるならやってもらいたいもんだけど、
これを国政に期待するひとっているのか?w

広告

KnKn について

Amateur road racer in Japan Everyday easy life : )
カテゴリー: ロード練習日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中