偏り

体型から食生活、果ては、ペダリングの効率まで、色々と。

こら、修正は大変だわ。

そもそもすべてに共通する偏重の要因は、

「自転車に乗らな過ぎ」

これに尽きる^^;

元々、自転車ありきの生活スタイルを構築してたので、
ここが抜け落ちると、DIOがザ・ワールドのスタンドで
銃弾を掴んだことで時が止められることに気づいた、
時の描写とは、まるで真逆に、見事にすべての歯車がかみ合わない。

そういうわけで、ここのところはボチボチ乗り始めております。
そもそも乗らないと、真っ先に、見た目の体型の偏りが大きくなるしNE!!

昨日の3本ローラー + 出力モニターの解析によると、
気(トルク)を抜くと、左の力・効率が著しく弱くなることが分かったので、
まずは、ここを改善せねば。

色々試すうち、改善点は以下の2点に絞られた。

  1. 単純な身体の使い方(右を踏み込むときに左脚の二頭筋群が使えてない -> 動員スピードが追い付いていない)
  2. セッティング(サドル角度、クリート位置)

1.はいわずもがなで、クル練するしかないな。
2.のセッティングは、サドルよりもクリート位置のほうが影響大きいかも。
左のクリートをやや踵寄りに持ってくるとかなり改善するので、
身体的に左足のほうが若干長いのかも。
(脚が長いと膝角度がきつくなるから脚が上がりにくい
== 最近、欧米レーサーがクリートを深めにする理由)

それにしても、室内練習は予想以上に精神消耗するわ^^;
よく、今までこれをメインにやってたもんだと、我ながら感心する。

 

広告

KnKn について

Amateur road racer in Japan Everyday easy life : )
カテゴリー: ロード練習日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中